1. HOME
  2. 本日の施工事例
  3. 本日の施工
  4. 甲府市の閑静な住宅外で付帯部塗装を行いました。

甲府市の閑静な住宅外で付帯部塗装を行いました。

こんにちは(o^^o)株式会社ぬり太郎です(^-^)

明日から天気がご機嫌斜めで、雨が降る頻度が多そうです(>_<)(泣)

明日は、神明の花火大会なので晴れていただきたい所ですね(T ^ T)🎆

余談のお話し失礼致しました(T ^ T)

本題のお話に入らせて頂きます💦

付帯部の塗装を行わせていただきましたので、下地処理→下塗り→中塗り→上塗りの順で施工させていただきました♪

まず下地処理からご説明させていただきます(o^^o)

付帯部(破風)の下地処理


下地処理は、素地を補修または強化するための処理で、塗装工事前に塗装面の状態を整える工程です。

※ 手を抜いてしまうと、数年で剥がれが起きたり、初期不良が起こる可能性があるため、下地処理は一番重要です☝️

木部専用の下塗り材


木部下塗り材は、木部の目止め効果、及び隠ぺい性に優れた下塗塗料です。
上塗塗料の素地への吸い込みを防ぎ、上塗りが平滑で肉持ちの良い仕上がりになります。

木部専用の下塗り材です(o^^o)

破風中塗り塗装


破風の下塗りがよく乾燥したので、中塗りをしていきます。

破風上塗り塗装


たっぷり思いを込めて塗らせていただきました。

塗料の機能を最大限に発揮して耐久性を高めることができました(o^^o)

株式会社ぬり太郎では、塗料から思いを込めて塗らせていただいております♪

お客様からこんなことまでするの?ここも塗ってくれるのとよく言われます❗️

お客様にとってたかいと思われがちな塗装工事をご納得いただける仕上がりを常に追求してお客様に笑顔になっていただける様心がけています(o^^o)

お見積り・調査などご相談無料でサポートさせていただきますのでお気軽にお問い合わせ下さい⭐️